« 東証のトラブル | トップページ | 東証の減俸処分に思う »

14000円台回復

日経平均が14000円台を回復しました。
バブル期に較べ、まだまだ安価なのだとは思います。
それでも、この数年来の安価に慣れた眼には、持ち株の株価を見ると、夢のようです。
新聞の株式欄はバブル期のような値段ですが、実体は必ずしも伴っていないような不信感が私にはあります。
かといって、バブルの時も実体は伴っていなかったわけですが。
だったら売ってしまえばいいのですが、三万円なんていう夢の時代を見てしまった自分には、なかなかできない芸当…ケネディの父は偉いです(苦笑)
 
電車の中などで、株に関する会話がされたり、集中して株式欄を見ている中高年の方が増えると、なんだか嫌な予感もしてしまいます。
バブル崩壊のころの血走った目が渦巻く兜町界隈を見てしまった自分には、ネガティブなことしか浮かばないのかもしれません。

|

« 東証のトラブル | トップページ | 東証の減俸処分に思う »

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 14000円台回復:

« 東証のトラブル | トップページ | 東証の減俸処分に思う »