« これもあれも醍醐味 | トップページ | サンビシ、事実上の倒産 »

私の株式投資の考え方

自分の投資の方針は、どう書いて良いのか、難しいですね。長文で失礼します。
ここをごらんの皆様には異論もあるかと思いますが、敢えて書かせていただきます・・・
 
私は、正直に言うと、変にアドバイスしてトラブルになるのも嫌なのです。
マネックスビーンズの松本社長のお話をセミナーで伺ったことがあるのですが、結局のところ「アドバイスした際に、勝ったときはいいけれど、負けたときはクレーマーになる」方が多いというようなことを、百戦錬磨のトレーダーである松本氏もおっしゃっているくらいです。
私などには、本来語れる資格はないのかもしれません。

トラウマになっているのは、マイカルの破綻直前の8月、マイカルの社債を買っている方とお話ししたことがあるのです。
その頃、私も思惑でマイカルをいじっていました。かなり危ない橋だと思っていましたが、見通しを聞かれて答えに窮しました。
後知恵ならば、逃げるようにアドバイスしたでしょう。
しかし、自分も再建の思惑で株を買っている身・・・論点が矛盾するので両論併記で(確か、8月中に動きがなかったら撤退とか)言ってしまいました。
私はわずかな利益を出しながらすんでのところで逃げられましたが、たぶんその方は持っていたなら100万単位で損したのではと思います。(当時、マルトミ社債などでの思惑もあったように思います)
そのとき限りのお話でしたが、今でも思い出すと、自分の一言でその方の資金が飛んでしまっていたら・・・逆に万が一、一発逆転でマイカルが倒産を回避したのに、その方が売ってしまっていたら・・・と思うと、クヨクヨします。
そんな弱気な私は、自分の投資手法や狙いは、勝手に話しますが・・・。お互いの手法を勉強し合って、尊重し合って楽しめるのがいいのではと思っています。

親族でけっこう根に持ってブツブツいう人がいるのも理由のひとつですが。

あくまで「余剰資金」「自己責任」「現物主義」が私の方針でずっと通してきています。
信用取引や投資信託・社債などは勧められてはいますが、私の性格から大損してしまいそうなのでやっていません。
他人に勧められた株も有価証券報告書などを見て、自分で決めます。バブル崩壊でメチャクチャに下がった株も多々ありましたが、解散価値を信じてナンピンして儲けたのもあれば、ジェネラスのように一夜にして節税対策にしか使えなくなってしまったこともあります。
 
本当に難しいですね。人それぞれ・・・必勝法などがあったら教えないでしょうし、所詮はギャンブルと割り切るくらいでないと身を滅ぼす恐ろしい物でもあることを肝に銘じています。

|

« これもあれも醍醐味 | トップページ | サンビシ、事実上の倒産 »

循環投資」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の株式投資の考え方:

« これもあれも醍醐味 | トップページ | サンビシ、事実上の倒産 »